B 健康なび

Sunday, December 24, 2006

健康管理とは

健康管理とは、病気・障害を予防し、健康を維持していくことをいいます。

健康管理を行なう上で着目しなければならないのは、食事・運動・休養の三要素。

食事においては、まず食習慣の見直しが必要です。現代人はどうしても、高カロリー食・高脂肪食に偏る一方で、ビタミン・ミネラルが不足しがちになります。

カロリーや脂肪を控えめにし、ビタミン・ミネラルを多くとるようにしましょう。

また食事の補助として、健康食品やサプリメントを使ってみるのも効果的です。

運動については、特にデスクワークなどの仕事では運動不足になりがちなので、健康管理のため、できるだけ毎日、ウオーキングやジョギングなど、何らかの運動を習慣づけることが必要になります。

経済的にゆとりのある人は、健康管理のためにフィットネスクラブに通うのもよいでしょう。

Tuesday, July 18, 2006

ストレスの多い今

現代は、右を向いても左を向いても、ストレスの種で一杯です。こんな中で無理を続けていたら、どこかでガタがくるのは当然です。
お腹が痛い、頭が痛いといった症状の8割以上は、ストレスが原因という話もあるほどです。 
協調性があって、他人の意見を尊重し、相手を立てる人。気配りの行き届く、神経の細やかな人。
こうした人は、心が疲れやすいタイプです。
頭痛、腹痛、疲労感、無気力など、いろいろな形でストレスが現れます。 
そして、何事にも積極的で仕事もばりばりこなすという、一見ストレスとは無縁に見えるようなタイプの人が、実は一番ストレスをため込んでいたりするのです。
自分でも気付いていないので、体にどんどん疲れがたまっていき、ある日突然、心臓病で倒れてしまう――という結果になりかねません。

性格によって、ストレスの現れ方が違うだけなのです。 
あなたはどのタイプですか?
無意識にストレスをため込んで、体や心がSOSを発していませんか。
チェックを行って「意外と疲れているようだな」と感じたら、体と心を休ませてあげてください。
そして、自分に合った健康法を考えてみてください。本当に体が病気になる前に手を打つことが大切です。
1億円もっても、健康はお金で買えません。 
健康であるということだけで、大変贅沢、豊かなことなのです。

test

test